スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいかわらずです

 息子も高校生活1ヶ月となります。
 相変わらずです(^_^;)

 高校合格後、はじめて手にしたスマホ。
 最初は「使い方教えて」などかわいかったのに
 すぐに使いこなし、
 今では手放せない毎日(^_^;)

 一日の大半、家族旅行中でも、スマホ!
 常に?つぶやいてます。やれやれ・・・

 
 高校生になって自宅での勉強はゼロ・・・
 本当に勉強大嫌いな息子です。


 とりあえず、ガミガミ言うことは我慢の毎日です。
 私が言って勉強するならとっくにしてるはず・。
 ただし、ゲーム三昧も困るので、とりあえずルールだけ作ってます。


 ①遅刻しない!
 ②赤点とらない!
 ③提出物の締め切りを守る!
 ④弁当箱を毎回出す!
 

 親として甘いかもしれないですね(>_<)
 ①②③は守らないと私が学校から呼び出されますので非常に困ることなんで・・
 ④は衛生的に問題ありなんで。
 
 
 このルールだけ守れば何も言いません。
 他にゲームをする時間は私との交渉です。 
 

 
 高校生活、始まったばかりだけど、
 たぶんあっという間!!一つでも得るものがあることを願うばかりです。

 (k)
スポンサーサイト

報告

 ご無沙汰しました

 早いもので4月、桜も満開。
 春です。

 TKP主メンバーの中3生たちも無事卒業!
 そして、、、無事高校生となりました(^。^)
 みんなおめでとうです♪
 
 しかし、私の場合、
 辛かった受験時期(子も親も)が終わり
 高校入学決まった時、さぞ晴れ晴れとすっきりすると思ってました。
 
 もちろん、ほっとしました。うれしくもありました。
 でも、一難去ってまた一難というか、
 欲が出るというか・・・・

 あまりにも勉強せず、課題もせず、一日中同じ格好であったり、
 友達と遊びまわったり、ゲーム三昧だったり、

 いや、受験終われば、そうなりますよ。
 その気持ちはよくわかります。

 つい数ヶ月前には、高校生にさえなればそれでいいと祈っていた私が
 高校生になることが決まったとたんに、
 「中学の復習が必要なんじゃないか」「高校からの課題はしっかりしてほしい」
 「部屋を片付けて心機一転高校生活を」などと次々欲が出ます。
 つい小言を言ってしまうこともしばしば・・・
 高校生になるからと急に変わるわけありませんよね。いつもの彼の姿でした。
 そして私も相変わらず成長してなくて、いつもの心配性な過干渉になりがちの母でした。

 何度も繰り返してきた、親が変われば子も変わる。
 この原点に戻って、今度こそ私も努力していかねばならないです。

 わが子は明日が入学式。
 相変わらず、課題はまだ、準備もまだ・・・
 でも今日から我慢してます(>_<)
 いつまでもつかわからないけど(>_<)

 親子で成長したいと思います!!

 (k)
  
 
 

春よ来い♪

 さてさて、、
 推薦入試も始まりだしたこのごろです。


 いやぁ、早いものです!
 我が息子も試験まで1ヶ月を切りました。
 (というか、1ヶ月後にはすべての私立の結果だ出てる~(>_<))
 さぞ成長して勉強しているかと思いきや


 まったくです(T_T)
 前回つぶやいた後もさほど変わりません。
 塾で目の色変えてやっていればいいのですが、
 家では何をしているかわかりません。
 
 イライラしないよう、怒らないよう
 我慢はしてきました。
 でもね、「うわぁ~」って中規模の爆発が3度ほど起こりましたよ(>_<)
 そうです、私も成長していません^^;

 
 正月には見かねた父親がビシッと言い聞かせました。

 でも、変化は見られません。
 見えない部分が変化しているのでしょう・・・
 きっとそうだ。うん、そうに違いない。


 てなわけで、
 受験するのは息子なんだし、
 私があせっても心配しても始まらないので
 ようやく「どんと来い」の気構えとなりました。

 旦那も「もう何も言わなくていいよ。
 後は本人の問題だから」と。
 
 

 たとえ全部落ちても二次募集もある。
 志望校じゃなくてもどこかに合格すればOK!
 どんな結果になろうとも本人の実力。

 
 でもね、息子よ。
 私はあきらめたり、放任するわけじゃないの。
 誰よりも合格を祈ってるのです(^。^)

 
 早く素敵な春が来ますように。


 (k)

 

 
 
 
 
 

母の反省 パート2

 
 つづきです。

 受験の息子の最後の期末考査の結果は・・

 その前に、
 日ごろのストレスで爆発寸前だった私は
 大学生の娘に電話でSOS。

 いかに息子が自覚が足りないか、勉強しないか、
 もう一緒に家にいるのも苦痛だと、かなり感情的に話をしました^^;
 内容の一部だけ。

 母 「部活もないし、勉強する時間はたっぷりあったのにほとんどやらない。
   試験の出来も悪かった反応だし何でちゃんとやって結果をだしてくれないんだろう!!
   (他不満と愚痴の嵐)」

 娘 「事前に勉強しないことも結果も全てが○○の実力なんだよ。
   やればできるなんて思うことが思い違い。期待するから腹が立つんだよ。
   受験するのも高校に行くのも○○なんだから母が入れ込みすぎることないよ。」
 
 母 「じゃ、どうすればいいのよ!」

 娘 「普通に過ごしてればいいよ。親が受験に突っ込みすぎると子どもはやりにくい。」

 母 「親がこんなに心配してるのをわかってない」

 娘 「中学生なんてそんなもんだよ。親の気持ちがわかるのはもっと後だと思うよ。
    母は中学生のとき、親の気持ちわかってた?」

 母 「わかってたと思う(つい反発してしまった)」


 母 「顔見たり態度見てるだけでイライラするし・・・・○○なんかもう嫌なんだよ何もかも」

 娘 「そんなこと絶対言っちゃだめ。悲しくなるじゃん。
    思っていても口に出しちゃだめだよ。言霊ってわかる?」

 母 「・・・・」

 娘 「大変だろうけど受験するのは○○だし、高校見学もいろいろ決めるのも本人だよ」


 なんだか、親が娘に怒られたような、指導を受けたような感じとなりました。
 話してる最中は娘も私のことなんてわかってくれない!とぷんぷんしてしまったけど
 冷静になると、もっともなことで、
 特に今の息子の成績がありのままの彼の実力だというのは「目からウロコ」

 私は息子は実力を出し切ってない、本当はこんなもんじゃない、
 やれば必ずできる!!と思い込んで過大な期待していたんです。

 期待するのは悪いことじゃないと思います。でも、
 その期待があるから余計な口出し、手出しをしてしまうことになったんだろうと
 勝手に分析・・・。


 家庭教育の反面教師のような行動をしてしまって反省ばかりです。
 今からでも、何とかなるかな?
 今で遅くないかな?
 息子の性格を考えると最低限の助言は必要かな。


 さてさて、、、試験の結果は
 もう最悪でした(>_<)(>_<)(>_<)
 
 答案をみて

 部屋の隅でウルウルしてしまった(もちろん感動じゃなく、悲しみです)
 (もちろん息子に隠れて)
 怒る気もしなかったけど笑うこともできなかった。笑い飛ばす肝っ玉はなかった・・・。
 息子の前ではノーリアクション、たぶん引きつっていたと思います^^;

 そして、部屋の掃除を始めました。(現実逃避)
 
 そうしたら、なんかいいタイミングで
 息子がかわいいころ(1~4歳頃)のプリクラ写真がいっぱい出てきました(^。^)
 
 その顔見てたらなんかまた泣けてきて
 そして、前向きにがんばろうと思ってしまった。(ちょっと大げさ)

 私に今できるのはご飯の支度と体調管理くらいだ。
 今後も母は反省しつつも悩み続けると思います。

 でも、「親が変われば子も変わる!!」変わることができるよう努力します!

 一人で右往左往した、恥ずかしいお話でした。すみませんm(__)m

(K)
  
 

   
   
   
   

 

母の反省 パート1

すっかりご無沙汰してしまいました(^_^;)
(K)です・・・。

 受験期の息子を目の前にイライラ、モヤモヤの日々を送っていました。
 今もですが・・・(>_<)
 
 「 家庭教育 」とは・・・など語ることのできない
 それはひどい状況でした。
 今もですが・・・(>_<)

 こんな人間がこのブログにつぶやいていいものか、かなり悩みました。
 
 息子は勉強をしないのはもちろん、学校説明会なども他人事、
 相変わらずだらしない、部屋は空き巣被害の状態、
 仕事が終わって帰宅してみると、制服姿のままリビングで名画鑑賞・・・
 その制服のズボンも成長して小さくなってしまった・・(受験に関係ないがちょっと腹が立った)
 
 とにかく何から何まで、「えっ、なんで?」「いつスイッチが入るの?」と
 パニック状態に陥ってしまいました。

 部活引退後は勉強に向かうと思っていたのに・・・
 
 お口チャックなんてとんでもない!!
 つい小言の嵐。
 ちゃんとわかっているんです。
 絶対やってはいけない、言ってはいけないと。
 でも言わずにはいられない。
 
 気がつくと母親が高校案内を必死で愛読し、ネットで調査して、
 (誰が受験するんだ!私は何をしているんだ!)という状況でした。
 息子はまったく無関心。


 そして、迎えた大事な期末考査・・・
 必死で勉強している気配もなく、そして結果は・・・。

 つづく・・・

 (K)

 
 
プロフィール

立川家庭教育を考える親の会

立川家庭教育を考える親の会

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。